« ロンドンタイムトライアル基本編 | トップページ | 順走ロンドンタイムトライアル実戦編 »

逆走ロンドンタイムトライアル実戦編

これは私流の逆走ロンドンの走り方です。車種及びタイヤによって多少アレンジが必要な所もあります。


1、 1コーナーは進入はコース幅をフルに使うため左の壁ぎりぎりから右の縁石に向かってまっすぐ進入し縁石を目印にしてブレーキングしアウト−イン−アウトで抜ける。突っ込みすぎてクリップに付くのが遅れると立ち上がりが苦しくなってストレートが伸びなくなるのでスローインファストアウトをイメージして走るようにする。

2、 3連複合コーナーの進入は距離看板を目印にブレーキングしアウト−イン−アウト、アウト−イン−ミドル、ミドル−イン−アウトで走るようにする。縁石を使って最短距離を走ることと次のコーナーがスムーズに進入できるような速度調整及びライン取りを意識して走る。

3、 左コーナーは右の壁ぎりぎりからイン側に向きを変えて縁石を目印にまっすぐブレーキングしアウト−ミドル−イン−アウトで走る。クリップに早く付いてしまうと立ち上がりが苦しくなるので外側から回り込んでいく感じでクリップを奥に取りしっかり加速して立ち上がれるようにする。

4、 高速S次は右の壁ぎりぎりから影を目印に進入して直線的に抜ける。左の縁石に乗せると吸い寄せられるので左はちょっと寄せが甘いかな位のラインで進入し吸い寄せられた反動を利用して最小のステア操作でリズムよく切り返して右に寄せていき縁石を通過したらステアを少しずつ戻してスピードを乗せていくようにする。

5、 最終コーナーは一つ前の左コーナーをイン−イン−ミドルで走りミドル−アウト−イン−アウトで走る。進入時はセンターラインの辺りからまっすぐ外側の縁石に向かってブレーキングし縁石でグリップが上がるのを利用して車の向きを変えイン側の縁石をしっかり利用して最短距離を通過し外の縁石も利用してスムーズに立ち上がる。イン側の壁を怖がらずに思い切って切り込んでいくことで立ち上がりのラインが楽になって最後のストレートスピードが伸びます。

|

« ロンドンタイムトライアル基本編 | トップページ | 順走ロンドンタイムトライアル実戦編 »

コメント

はじめまして、HIJIRIと申します。SYORIさんところでは、何度かご一緒させていただいてます。

mystさんと同じく、Toshiroさんのゴーストはいつも拝見(利用?)させていただいてます。参考になることが多いのですが、時々自分とあまりにも差がありすぎて、参考にすらならないときもあったりしてます。

Toshiroさんの走り方でいつもすばらしいと思うのは、向きを変える速さ、立上りの速さ、ライン取り&コーナリング中のマシンコントロール等あげると限がないですが、基本がちゃんと出来てるところですね。

私はそういうところがなかなか出来ず、いつもToshiroさんのお尻ばかり拝んでます。

TAは必ず参加してますので、またゴースト拝見させていただきます。

またチャットでご一緒したときは、宜しくです。

投稿: HIJIRI | 2008年2月26日 (火) 17時09分

HIJIRIさん



はじめまして。ブログやTAランキングなどでお名前を見かけてますのではじめましてって感じしないですね。

私も参加しているTAのリプは一通り見て攻略に利用してます。一人で走っていると発見できない所を見つけることが出来るので非常に役に立ちますね。

こちらこそTA&チャットでご一緒したときはよろしくお願いします。

投稿: TOSHIRO | 2008年2月26日 (火) 19時42分

この記事へのコメントは終了しました。

« ロンドンタイムトライアル基本編 | トップページ | 順走ロンドンタイムトライアル実戦編 »