« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

GT5P Spec2 簡単お金稼ぎでF2007ゲット!

イベントレース クラス:S−3 マインズ R34 GT-Rでデイトナ・オーバルをアタック!

攻略ポイント ファーストアタックでスリップが使えるように6秒ディレイスタート。

| | コメント (4)

Wii みんなで投票チャンネル 20080329

Top

Photo

Photo_2

Photo_3

| | コメント (2)

『グランツーリスモ5プロローグ スペック2』ファーストインプレッション

ポリフォ恒例のフライングDL開始を予想して昨晩は早めに就寝し早起きしてGT5P起動してみると予想通りアップデートの配布が開始になってました。アップデート中に食事等すべて済ませて戻ってみるとDL終了していました。もっと時間掛かるかと思っていたので拍子抜けですがちょっとだけ走る時間が確保できたので早速スペック2体験開始です!。

まずオプション設定を確認すると全部初期設定に戻っていました。初期設定に戻った所をすべて元通りに設定してから走行中のRA機能のためのボタンを設定。5個ボタンを使うのでボタン増設改造したのが役に立ちました。

次じリプレイを確認すると1つもリプが無い状態になってました。いったん終了させてセーブデータを確認するとデータは残っていたのでディスク版の場合は一度アンインストールしてから再インストールしてアップデートしなければ古いリプレイも見ることが出来るのかもしれないです。

オンラインイベントを確認すると対戦もTAも今までの車種別ではなくパフォーマンスポイントごとのクラス分けになっていました。クイックチューンをすれば車の性能差が小さくなるので色々な車を使って楽しめそうです。

アーケードを確認するとTAとドリフトが入ってました。GTHDCの時にGTFP200度でプレイしていた時は気分転換にドリフトもちょっとだけ遊んでいたのですがG25で900度になってからはまともに走れずほとんどプレイしてなかったので練習してドリフト楽しみたいですね。

イベントレースを確認すると入れ替わっていて新しくなってます。とりあえず一番簡単なCクラスから走ってみることにします。レギュレーション画面にガレージボタンが追加されていて車の乗換えが出来るようになってます。続いてドライビングオプションを確認ABSオフを探したのですがありませんねここで設定するわけではないようです。さらに進めてクイックチューン確認するとありました。ABS設定をオフにして走行開始です!。

コースはハイスピードリンクです。GT1の時から入っているコースなのでおなじみですね。ローリングスタートから高速コーナーを抜けて最初のブレーキングポイントです。おおーこれは今までと全然違う動きです。今までは少々オーバースピードで突っ込んでも車が一気に滑ることはほとんど無かったのですがABSオフだと一気に滑ります。大きく変わったブレーキング感覚に戸惑いながらもC-1のイベントクリア次に進みます。徐々に感覚も慣れてきてC-2も順調にクリア。

C-3は10分間のTAなので走行中にRA機能の変更をしながら走ってみます。メニュー画面でABSオフにしようと思ったらクイックチューンが選択できないようになっています。そのままレース開始してRA機能メニューオープンボタンを押しますメニューが出てきました。ABSオフにしてアタック開始。しかしターゲットタイムをクリアできません。仕方ないのでABSオンにして再チャレンジ。他車のスリップもうまく使えてクリアです。やっぱりABSオンの方が簡単に速いタイムが出ますね。残念ながらここで時間切れ終了です。

ちょっとだけしか走ってないのですがABSオフで走るのは楽しいですね。タイムのことを考えたらABSオンだと思いますがコントロールする楽しさなら断然ABSオフです!。参考になるかわかりませんがABSオフの時の感覚としてはPCの無料ソフトBMW M3 チャレンジに近い感じだと思います。

今回のアップデートで完全にGT5Pは生まれ変わった感じです。もともとこの形が本来のGT5Pで年末発売はスケジュール的にかなり無理していたのかなって思います。

| | コメント (3)

G25にトラブル発生

土曜日 Hシフト&クラッチで楽しんでいたのですが途中からシフトミス連発するようになったのでシフトの感触に違和感を感じながらも疲れてきたからかなと思いしばらく走ったあとプレイ終了してHシフトをチェックすると・・・なんだか動きがおかしくなってます。

シフトブーツを外して中を確認してみると・・・シフトMODで組み込んだパーツがおかしくなっているようです。完全に分解して確認してみるとやっぱり壊れてました。そのパーツは1回ならこわれても修理可能とのことなのでそうしようと思って作業していたのですがどうも納得のいく仕上がりになりそうもないので思い切って作り変えることにしました。

手持ちのガラクタを探って使えそうなものを探します・・・第一候補発見!早速加工したのですがこれは駄目でした。再度ガラクタの中を探り第二候補発見!これはうまくいけばかなり良さそうな感じです、しかし手持ちの道具だけでは加工できないのでお店が開店する明日まで持越しです。

日曜日 店の開店に合わせて必要なものの買出しに出かけました。必要なものをひととおりそろえて準備が整いました。作業開始です。

作業自体は単純なんですが加工精度はある程度要求されるので慎重に作業を進めます。順調に作業は進みオリジナルパーツ完成!早速組み込みです。同じ問題が2度と起こらないように慎重に組み込み作業を行います。たっぷり時間を掛けて作業を進めついに完成!動作チェックを兼ねて早速試走開始です。

元通りいやそれ以上にいい感じになりました。今回は金属同士の接触部分のグリスに感触がよくなると書いてあったタミヤボールデフグリスを使ったのですがこれが正解でかなりシフトの感触がよくなりました。他にもいくつか調整や変更をした所もうまくいって全体に納得のいく仕上がりになりました。あとはオリジナルパーツの耐久性がどの程度あるのかということですがこれはしばらく使ってみるしかないですね。

ちなみにオリジナルパーツは実用性もアップしていますが一番気に入っているところはシフトブーツを外したときの見栄えがよくなったことでしょうかね。見えない所のおしゃれってやつです(笑)。

最後になりますが今回のトラブルは私の組み込みのミスが原因です。壊れたパーツは組み込みが不完全だったため繰り返しのストレスに耐えられず壊れてしまいました。正しく組み込めば問題は起こらないはずなのでG25シフトMODの導入を検討している人は怖がらずにぜひ挑戦してください!。

| | コメント (3)

DMSSチームランデブー スカイプ擬似フレンド対戦

昨晩はGT5PでGT4オンライン時代にDMSSで知り合ってからずっとお付き合い頂いているtakashi-ono(Takashi-NCP13)さんtechnick(TCN)さんとスカイプを使った擬似フレンド対戦を初めて体験しました。

設定が完了していざ接続!なんですが相手の声は聞こえるのに自分の声が相手に聞こえてない状態です。思い当たるところを確認したり設定を色々いじってみてもどこが悪いのかわかりません・・・あと確認してない所はどこだったかなとヘッドセットのコントローラー部分を見たらマイクミュートになってましたorz。おまたせしてスイマセンでした。

問題なく会話できるようになり挨拶を済ませて早速擬似フレンド対戦開始です!。走るイベントは私がリクエストした上級デイトナロードでエリーゼのワンメイクってことになりました。久しぶりのデイトナロードだったこともあって最初まともに走れませんでしたが徐々に調子が上がってきて楽しく走ることが出来ました。

私はボイスチャットしながらレースは初めてだったのであらかじめレース中はしゃべりませんよ宣言してレース中は無言でプレイしてたんですがtakashi-onoさんtechnickさんは話しながらプレイしていたので順位が離れている所でなにが起こっているのかちょっとだけわかったりして面白かったですね。

それから他の人のハンコンの音が聞こえてきたのがかなり新鮮で同じ部屋で遊んでいるような感じがしました。私のマイクの感度もかなりよかったみたいでハンコンの音とかメニューを選択する音なども全部聞こえていたようでしたので他の人からも同じ部屋で遊んでいるように感じられたのかなと思います。

毎晩は無理ですが休みの前で都合がいい時にまたご一緒したいと思います。
takashi-onoさんtechnickさん昨晩はお疲れ様でした。またよろしくお願いします。

| | コメント (4)

Hシフト&クラッチVSパドル(シーケンシャル)

GT5PにおけるG25のHシフト&クラッチがどの程度ストレートにおいて有利になるかこちらのTAで比較検証します。

中級者向け アイガー逆走 タイムトライアル 2008/03/13〜2008/03/20
参加車種:スズキ カプチーノ '95
コース:アイガー北壁コース (逆走)
シミュレーション:プロフェッショナル
タイヤ:ノーマル N1

参考プレイヤー:Hシフト&クラッチ・TOSHIRO1046、パドル(シーケンシャル)yoshiyuki_Mさん
比較ポイント:最終ストレート通常のシフトアップポイント(2速->3速)からブレーキングポイントまでの約15秒間の区間。


Hシフト&クラッチ:推定最高速度 時速102km(推定区間タイム約14.853秒)
パドル(シーケンシャル):推定最高速度 時速101km(推定区間タイム約15秒)

こんな感じで今回の車&比較ポイントで最も大きく見積もって約0.15秒(1%)ほどHシフト&クラッチが有利な感じです。


(注意事項)
1周トータルのタイムではなくあくまでも比較ポイントにおける有利不利の比較です。

データロガー等での厳密な比較ではなくリプレイを見ての簡易比較なので完全なものではなく実際の速度差は時速1kmないと思われます。

Hシフト&クラッチはプレイヤーのシフト技術によってシフトチェンジの速さが違うのでこれはあくまでも一つの例です。

同一プレイヤーの比較ではなくそれぞれが考えるベストの走りの実現のためのコース攻略を行っているのでシフトポイントが違っていますが、この比較はシフトアップポイントでの違いの比較なのでこの車の通常のシフトアップポイントからブレーキングポイントまでの区間を比較してます。

この比較検証はあくまでも今回のTA限定のものです。

| | コメント (4)

G25ステアリングボタン増設

GTFPからG25に乗り換えた時にほとんどの人がステアリングボタンが少ないと感じることと思います。慣れてしまえば何とかなるもののやはり手元にボタンがあるのは便利なので比較的簡単に出来る方法でステアリングボタン増設をしてみました。

使ったのはPSP Enjoy! AV Pack に入っていた0.5mUSBケーブル(A<-->mini-B)とPS3付属のSIXAXISです。

G25の内部構造及び作業手順はpushpushpush.netの「G25 スイッチ増設」の記事に写真付きでとてもわかりやすく書かれていたのでそれを参考に作業を進めました。

作業の流れ
G25分解(内部の基盤は外しませんでした)->
USBケーブル切断(mini-B側0.35m、A側0.15mにしました)->
ハンドルセンター部にmini-B側ケーブルを通す(外側から押し込んでいきます)->
上部カバーの放熱用メッシュ部(左右どちらでもお好みで)にA側ケーブルを通す->
切断したUSBケーブルを元通りにつないで接続テスト->
G25を元通りに組み立て(ケーブルの取り回しに注意)->
SIXAXISを結束バンドで固定
こんな感じの流れで作業して下の写真のような状態になりました。

08031801

08031802  

ハンドル部のどこからケーブルを引き出すかちょっと悩んだんですが、本体と接触しないようにハンドル部の樹脂をちょっとだけ棒やすりで削ってそこにケーブルを通して結束バンドで固定しました。

全体に説明不足&書いていることがとてもわかりにくくて難しそうと思われる感じになってしまっているかもしれませんが実際の作業はそれほど難しくないです。

またこの方法だとPS3(ソフトによって使い勝手が大きく変わる可能性あり)・PC(ドライバの導入等使い勝手に少々難あり)どちらにも対応できますしPSPも接続可能なのでGT5本編がPSP対応になれば液晶画面付きG25にできるかもという期待もちょっとだけあります。

| | コメント (6)

JPN-Server_MOD_2008_03_09_Suzuka

今回のレースは先週参加したときに不具合発生によりスターティンググリッドにつけず->ピットスタート->ピット出口で青信号に変わるのを待つ->なかなか信号が変わらない->他の人が行った(スタートしてもいいのかな?)->赤信号なのに自分もスタート->黒旗失格という流れで不完全燃焼のまま終わったレースと同じ車&コースのレースでした。今回も使用マシンは先週と同じF360です。鈴鹿20周+FL1周で燃料3倍消費の軽耐久レースなのでF360を全開で飛ばすと燃費の関係で2回ピットに入らないといけないので燃費を考えた走り&セッティングで走りないといけません。バトルしながらも燃費計を確認しつつ計算どおりのペースを保って1ピットで完走できたので参考までに今回のセッティングを公開します。


2007 Japan SGT300 v1.03b F360 セッティング晒し 変更した所のみ記述

タイヤ M/M
ブレーキ BIAS F55.5 R44.5 ダクト2
ガス 100L
ステアリング 16.5
デフ COAST50%
エンジン ダクト3
ギヤ 14/35 16/29 17/25 22/27 20/21 26/24
パッカー F0.5 R1.0
車高 すべて-1.0cm
ウイング R2
スタビ R15N/mm

| | コメント (0)

深夜鯖 Imola GP 2004 2日目 2008_03_07

2週間ぶりに深夜鯖に参加しました。エリーゼワンメイク軽耐久で今までノーピットをやってみたことがなかったので試しに挑戦してみました。周回遅れにならずにノーピットで完走できたので参考までに今回のセッティングを公開します。


Lotus Elise Mid-Night Cup Ver.1.1セッティング晒し 変更した所のみ記述

タイヤ M/M
ブレーキ BIAS F55.5 R44.5 ダクト1
ガス 100L
ステアリング 16.5
デフ POWER10%
エンジン ダクト1
ギヤ 18/41 22/37 26/34 32/35 33/32 34/30
タイヤ すべて+10kPa
パッカー F0.5 R1.0
車高 すべて-0.5cm
ウイング R3
スタビ R15N/mm

セッティング&走りのポイント
今回のレースは30分の軽耐久で燃料4倍消費だったためノーピットだと燃費が非常に厳しかったのでひたすら燃費がよくなるような方向に仕上げてます。走り方は燃費をよくするため加速は早めのシフトアップで回転数を抑え減速もフットブレーキの使用を出来るだけ控えてエンジンブレーキで減速とにかくスムーズに走って車を失速させないようにするのがポイントです。レース序盤はバトルを避けて燃料を節約して他車がピットインしてコースがクリアになったら燃費を計算しながらペースアップしていきます。ノーピットは基本的に自分との戦いなので速い車が来たら同一周回でも無理せずアクセルゆるめてストレートでゆずってしまうのが燃料の節約になります。ノーピットをやる人すごく少ないですがたまにはまったり走るのも楽しいですよ!。

| | コメント (0)

順走ロンドンタイムトライアル実戦編

これは私流の順走ロンドンの走り方です。車種及びタイヤによって多少アレンジが必要な所もあります。


1、 1コーナーは進入はコース幅をフルに使うためコース右側からセンターラインの切れ目を目安にして左の縁石の奥の方に向かってまっすぐブレーキングしながら進入しミドル−アウト−イン−アウトで走る。早めに左に寄せて曲がると早く走れそうに見えるのですがそうするとコース幅が十分に使えず立ち上がりのラインが苦しくなって加速が鈍くなりやすいです。

2、 高速S次は右の壁ぎりぎりから壁の色が変わる所を目印に進入してできるだけ直線的に走る。1つ目の左はアウト−ミドル−インくらいのイメージでクリップを奥の方に取り、リズムよく切り返して2つ目の右の縁石をしっかり使って速度を維持しつつアウトに抜ける。2つ目をスムーズに走ることを重視して速度&ラインをコントロールすることと右の縁石に乗ったときにバランスを崩さないようにすることに注意する。

3、 右コーナーは左の壁ぎりぎりからイン側に向かって距離看板をを目印にまっすぐブレーキングしアウト−イン−ミドル−アウトで走る。突っ込みすぎるとインに付けなくなるので気持ち早めのブレーキで早めにクリップにつくようにして最短距離を走りつつ立ち上がりで外側の壁に接触しないように注意しながらスムーズに加速していく。

4、 3連複合コーナーの進入は距離看板を目印にブレーキングしアウト−イン−ミドル、ミドル−イン−アウト、アウト−イン−アウトで走るようにする。1つ目の進入時に左の壁にしっかり寄せて直線的にブレーキングできるライン取りが非常に重要です。あとは縁石を使って最短距離を走ることと次のコーナーがスムーズに進入できるような速度調整及びライン取りを意識して走る。

5、 最終コーナーは左側の壁がちょっと張り出している所の奥に向かって少しだけ斜めに進入してコース幅を広く使えるようにしつつブレーキングしアウト−イン−アウトのイメージで走る。縁石に吸い寄せられるのをうまく利用して気持ち奥にクリップを取ると左の壁にヒットすることなく加速できると思います。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »