G25

G25修理 20120618

土曜日にGT5遊んでいたら、なんかハンドルがガタガタする感じだったので、日曜日に分解しました。

以前もギヤケースのネジが緩んで同じような感じになった事があるので、また同じ事が起こったのかなと思ったのですが・・・今回は受け側の樹脂の部分が完全に駄目になっていました。

仕方ないので、受け側の穴をドリルで貫通させてボルトと緩み止め付きナットで固定して修理しました。(貫通させた穴が補強リブと干渉する部分はちょっと加工が必要でした)

G25も購入から5年1ヶ月、あちこちガタがきてる感じですが修理完了したのでまだまだいけそうです!

G25_r

| | コメント (0)

G25ペダルボリュームアップグレード

G25を使い始めてから2年8ヶ月、ペダルトラブルは一度も無かったのですがGTFPの時は使い始めてから3年を過ぎた頃からトラブルが出てきた記憶があるので、トラブルが発生する前に先手を打ってペダルボリュームを電子ボリュームに交換しました。

用意した部品はそのままでは取り付け出来ない物だったので加工が必要でしたが、試行錯誤しながら何とか取り付け成功しました。動作チェックもOKでペダルボリュームアップグレード完成です。

※追記

ELV-1605HDだとノーマルボリュームに比べてペダル遊び量が多くなってしまい若干違和感があった事と、ブレーキペダルのストロークを短くするとうまく動作しない事が判明したので、ELV-1605HIに交換して動作チェックしました。ELV-1605HIはノーマルボリュームとほぼ同じペダル遊び量で動作し、ペダルのストローク調整をしても動作OKでした。

G25_elv16_r  

G25ペダルボリュームアップグレードに使用した部品

センサテック 電子ボリューム ELV-1605HI(アクセル・ブレーキで使用中)

センサテック 電子ボリューム ELV-1605HD(クラッチで使用中)

センサテック コネクタハーネス SZH-3-300

 

取り付けに必要な加工

1.G25のボリューム取り付け穴を10mmに拡大

2.電子ボリュームのシャフトをG25の部品に合うように削る

3.電子ボリュームの取り付けネジ部分でG25の部品と干渉している部分を削る

 

(20100130 更新)

| | コメント (0)

G25改 モーター冷却&メンテ楽々改造

モーター冷却

分解してモーターにヒートシンクを取り付けます。

モーター1個仕様で動作する方は11枚フィンのヒートシンク、モーター2個仕様の時のみ動作する方は9枚フィンのヒートシンクを取り付けました。(11枚フィンのヒートシンクは、そのままだとうまく密着しなかったので、少し手で曲げてからサーマルグリスを塗って取り付けてます)

1311


メンテ楽々改造

ハンドルを外さずに分解出来る様にしている人がいるようなので、私も改造してみました。

カバーをこんな感じにカットします。

1312

カットした部分を当て木と両面テープを使って固定し、仮組みします。

1313

仮組みして確認してみたら、カバーがハンドル部分に当たってしまい、カバーが外せなかったのでハンドル部分で当たっている所を6mmくらいカットして完成。

1314


おまけ

PS3コントローラーが動かないようにするため、こんな感じにクッション材を貼り付けてから結束バンドで固定してます。

1315


モーター冷却に使用した部品

タミヤ HOP-UP OPTIONS OP-399 アルミモーターヒートシンク
タミヤ HOP-UP OPTIONS OP-664 アルミモーターヒートシンク

サーマルグリス YG6260-5  参考URL -> ttp://www.micforg.co.jp/jp/c_tim.html


(2009/2/3更新)

| | コメント (3)

G25改 クラッチペダルMOD

クラッチペダルの感触を改善するために、参考情報を基にG25クラッチペダルMODを作ってみました。

カックンクラッチにする基本的な仕組みは皆さん同じような感じなのですが、私の場合ペダル部はそのまま設置しているので、分解せずに取り付けられるものを作りました。

取り付けですが、穴あけ等一切無しで出来ました。動作時に少々フレームが歪みますが問題は無さそうです。

完成後にGTR2 P&G2.0とGT5Pで走ってみましたが、ノーマルペダルと違ってどの位クラッチを踏み込んでいるかがわかりやすくなって、よい感じになりました!。


011001

011002

011003

011004

011005


ブレーキのストローク調整部品を変更しました。スプリングとシリンダーの間の隙間に入れてます。 (ミニ四駆用ゴムタイヤ 内径22.5mm 外径30mm 幅10mm)

011006


参考情報

ペダルMOD -> ttp://kurenai.main.jp/bbs454jisaku/bbs45.cgi?mode=main&no=1170&num=195

FLEX GP -> ttp://www.frex.com/vr/


フレーム部 材料一覧

100円均一商品 ステンレス隅金

取付金具 300×19mm ねじ穴5mm ねじ穴間隔25mm  1枚
取付金具 100×19mm ねじ穴5mm ねじ穴間隔25mm  2枚
取付金具 100×19mm ねじ穴6mm ねじ穴間隔25mm  2枚
取付金具 75×19mm ねじ穴5mm ねじ穴間隔25mm  2枚
平横型 74×74mm ねじ穴5mm ねじ穴間隔21mm 2枚
金折 75×75mm ねじ穴5mm ねじ穴間隔25mm 8枚


100円均一商品 ステンコートネジ

ナベ小ネジセット 5×10mm 17本
ナベ小ネジセット 6×12mm 1本
トラス小ネジセット 5×16mm 8本
トラス小ネジセット 4×12mm 6本


その他ネジ

皿ネジセット 3×40mm 2本


動作部 材料一覧(昔作ったタミヤのラジコンに付属していたパーツ?)

ラジコン用ダンパー
取り付け用ネジ等

| | コメント (2)

G25改 ペダルライトチューン

色々と手を加えているG25ですが、ペダルはノーマルのままでした。ペダルも少し改造したいと考えていたので、今回は簡単に出来るカチカチ音対策+ブレーキペダルのストローク調整をしました。

カチカチ音対策は何を貼るかは好みがあるようですが、私はダイノックシートを貼ってみました。理由は1年半使ったペダルの状態を確認した所、可動部の金属同士が擦れている感じで、少し削れている感じだったからです。ダイノックシートの用途は壁紙等ですから、多少擦れても大丈夫だろうという安易な考えで選びました(笑)。

ブレーキのストローク調整は色々なやり方があるようですが、元に戻す事が出来るようにフェルトを貼るだけの簡単な方法にしました。5mmくらいストロークを減らした感じになってます。調整したブレーキでGTR2・GTREvo・GT5Pを走ってみましたが、違和感はあまり感じずに走る事が出来ました。もうちょっと走りこんでみないと良いか悪いかの判断は出来ませんが、とりあえず悪くない感じに仕上がりました。


ペダルが戻る時のカチカチ音対策。35mm×100mmにカットしたダイノックシートを貼り付けました(1年程使用後分解してチェックしたらペダルが戻る時に接触する所が剥がれてきていましたので、現在は厚さ2ミリのフェルトを35mm×20mmにカットしてネジ穴部分に穴を開けた物を貼り付けています

122701

ペダルストローク調整+ペダル踏み込み時のカチカチ音対策。35mm×15mmにカットした厚さ2ミリのフェルトを貼り付けました。

122702


カチカチ音対策は、こちらのBBSで「ペダルミニTIPS」と入れて検索すると出てきます。

参考URL -> ttp://kurenai.main.jp/bbs454jisaku/bbs45.cgi


分解の仕方は、こちらの参考URLをどうぞ。

参考URL -> ttp://www.pushpushpush.net/archives/2008/03/08144433.php



スプリングデータ一覧(自分用メモ)

アクセル用スプリング:線径1.5mm、外径22mm、自由長80mm
代替品(線径1.6mm) -> AP220-080-1.6

ブレーキ用スプリング:線径2.2mm、外径23mm、自由長60mm
代替品(線径2.3mm) -> AP220-060-2.3 or CP 2.3-22-60 or CP 2.3-24-60

クラッチ用スプリング:線径2.0mm、外径23mm、自由長60mm
代替品 -> AP240-060-2.0 or CP 2.0-22-60 or CP 2.0-24-60


(20100131更新)

| | コメント (0)

G25改 サイドブレーキ増設

12月に入ってから作業をしていたG25改サイドブレーキ増設が完成しました。

最初は内部に手を入れない形の物を試作していたのですが、レイアウトの自由度が低くコンパクトにまとめる事が難しそうなので断念しました。

最終的に参考URLと同じようにホーンスイッチを使ったものを作りました。レイアウトは私の環境に合わせてアレンジしてます。



分解して基盤にコードを半田付け。

122001

穴を開けてコードを通し、元通りに組み立て。ホーンスイッチに半田付け。

122002 

ホーンスイッチをサイドブレーキベースに取り付け。

122003

組み立てたサイドブレーキ部を、G25シフト部に取り付けて完成!。

122004

122005

122006




使用した材料

エーモン工業 ホーンスイッチ(品番:1219)
MDF材 6mm厚
木丸棒 φ21mm
スプレー塗料 半ツヤブラック
3Mダイノックシート CA-421
その他 ガラクタから漁ったコード・ネジなど(笑)



ホーンスイッチを使ったサイドブレーキ製作の参考URLです。

参考URL -> ttp://blogs.yahoo.co.jp/sky_pilot33/11254850.html

| | コメント (0)

G25改(1モーター <-> 2モーター スイッチ切替仕様)

ちょっと前から試しているG25 1モーター仕様。GT5Pは1モーターで問題ない感じですが、GTR2は1モーターだとFFBの感触に違和感を感じたので、スイッチを取り付けて1モーター <-> 2モーターの切替できるようにしてみました。


分解して、配線の途中にスイッチを取り付けます。

120301

穴を開けてスイッチを取り付け、元通りに組み立て。

120302

1モーター仕様

120303

2モーター仕様

120304

こんな感じでスイッチ取り付け完了したので、ゲームによって1モーター <-> 2モーター仕様を使い分けて走る事が出来るようになりました。


分解の仕方は参考URLをどうぞ。

参考URL -> ttp://blogs.yahoo.co.jp/sky_pilot33/11372729.html

| | コメント (0)

G25改(1モーター仕様)

GT5Pでドリフトの練習をするために、ドリフト名人の方の改造を参考にして、G25を1モーター仕様に改造しました。分解して、センサーの無いモーターの電源コードを抜いて改造完了という簡単な改造です。

改造完了後にGT5PのFFBを5->10に変更してドリフトモードを走ってみると、ノーマルよりはカウンターも当てやすい感じでスピンすることが減りました。


改造内容を知りたい人は、参考URLをどうぞ。

参考URL -> ttp://blogs.yahoo.co.jp/sky_pilot33/11302992.html

| | コメント (0)

G25 シフトレバー改造

G25のHシフトを使っていると、6速に入れたつもりがバックになっているという事が時々あります。

シフトレバーを押し下げながら6速の位置に入れるとバックになるのですが、スプリングが弱いため無意識のうちにレバーを押し下げてしまうことがあるのが原因です。

今回はそれを改善するために、シフトレバーのスプリングを取り替えました。


左からシフトレバー、標準スプリング、ばね用ステンレス鋼線スプリング、ピアノ線スプリングです。

1113

最初に「ばね用ステンレス鋼線スプリング」を試しましたが・・・バックギヤに入りません・・・動作途中でスプリングが密着してしまってシフトレバーを最後まで押し込めない状態でした。標準スプリングが長さ23mmだったので近いものを選んで長さ25mmにしたのですが、密着長が長すぎて失敗でした。

次に「ピアノ線スプリング」を試します。こちらはうまくバックに入りました。こちらのスプリングの方が、密着長が少しだけ短かったのでギリギリ大丈夫だったようです。

という事で、改造に成功したHシフトを早速試してみました。GT5Pで30分位走りましたが、改造前のように間違ってバックに入る事は一度も起きませんでした。もっと早く改造しておけばよかったと思いました(笑)。



購入したサイト -> ttp://www.spring-net.com/

購入したスプリング
成功:ピアノ線スプリング 製品番号11-1022
失敗:ばね用ステンレス鋼線スプリング 製品番号12-1022

| | コメント (0)

G25 Hシフト バックギヤ修理

何ヶ月か前から、Hシフトのバックギヤが壊れていました。Hシフトはあまり使わないので放置してましたが、気が向いたので修理することにしました。

分解して状態を確認してみると、バックギヤ用のスイッチの取り付け部分がガタガタしてます。衝撃で基板のパターンが剥がれて断線してました。


修理前

101201

修理後

101202


修理の方は、こんな感じにスイッチ部とコネクター部を直接つなぎました。

動作チェックも問題なくクリアして修理完了しました!。

今回修理のついでに、シフトMODも調整して感触が良くなったので、今度Hシフトで走ってみようかな?。

| | コメント (0)